AL-Mail32 の初期設定のしかた

 

AL-Mail32 を使うには最初にメール・アドレスやメール・サーバ等を AL-Mail32 に登録しておく必要があります.

これを初期設定といいます.初期設定は以下の手順で行います.

以下の例図ではユーザ名 tmpusr(メール・アドレス tmpusr@hst.phyas.aichi-edu.ac.jp,フルネーム Temporary User)の人が初期設定する,としています.

途中で解説の通りにならない場合は初期設定を中止して に相談してください.

 

0. はじめに

デスクトップにある「アプリケーションのショー トカット集」フォルダから AL-Mail32 のショートカットをコピーします.

コピー先はご自分のデスクトップがよいでしょう.

 

 

の中の

 

 

AL-Mail32 のショートカットです.

以下はコピーした段階のデスクトップの図です.

 

 

コピーがすんだら「アプリケーションのショー トカット集」フォルダは閉じてかまいません.

 

1. メールボックス(Mailbox)の作成先の指定

i.        コピーしたショートカットをダブル・クリック(以下 Dクリック.あるいは Dクリックする の代わりに『右クリック+「開く」でクリック』でも可)して開きます.

最初はエラーが出るかもしれません,ちょうど下のようなボックスが開いて.

 

 

これが出たら OK をクリックします.

でもう一度 AL-Mail32 のショートカットを開きます.すると以下のようなボックスが開くはずです.

 

 

「新しいメールボックスを作成する」をクリックします.

 

ii.     するとメールボックスの作成先を聞いてきますので H:\ と入力します(サブフォルダにしたければパス名で入れる).

 

 

下図はパスを入力した図です.

 

 

入力を確認したら OK をクリックします.

 

2. アカウントの設定

次に現れるのが以下のようなボックスです.

 

 

ここでパスワード以外の欄を埋めます.

a.      タイトル AL-Mail32 を開いたときのメールボックスの名前(日本語でも可).どういう名前(長くなければ)でもOK

b.      ユーザ名 あなたのユーザ名(直接入力で)

        hst ならばコンピュータにログインするときのユーザ名

        auesun なら申請書に書かれているユーザ名

c.       メールアドレス あなたのメールアドレス(直接入力で)

        hst ならば b. のユーザ名のあとに @hst.phyas.aichi-edu.ac.jp

        auesun ならば b. のユーザ名のあとに @auecc.aichi-edu.ac.jp

d.      フルネーム あなたの本名(直接入力で).ここに記入する名前は電子メールのヘッダの From フィールドに入ります.

e.      サーバ情報 以下のように入力します.

        hst ならば hst.phyas.aichi-edu.ac.jp

        auesun ならば mail.auecc.aichi-edu.ac.jp

 

下図は tmpusr さんの設定です(hstの場合).

 

 

入力を確認したら OK をクリックします.

 

3. オプション設定

AL-Mail32 がいったん起動しますが,まだ設定は続きます.以下のウィンドウが開きます.

 

 

2. a. のタイトル欄に入れた名前は左のフレームの一番上に表示されていることに注目.)

 

メニューバー「ツール(T) 「オプション」でクリック.

 

 

すると以下の画面が出ます(tmpusr さんの場合).

 

 

以下のタブでそれぞれの設定をします.

 

  1. 「接続」タブ

 

 

「起動時にサーバに接続する」をチェック.さもないと起動してからまた接続する必要があります.

「送受信が終了したらサーバから切断する」はご自由に.

 

  1. 「受信」タブ

 

 

サーバに spool されたメールの処置の仕方がわからない人は「受信したメールをサーバに残す」をチェックしないように

「新着メールの自動チェックを行う」はお好きなように.

「受信後は新着メールにフォーカスを移動する」はチェックをしておいたほうがいいでしょう.

 

  1. 「送信」タブ

 

 

「送信控えの保存先」を「送信箱」(右の▼をクリックして「送信箱」でクリック)に設定しておくと Cc: フィールドに何も入れなくても送信箱に送ったメールが残ります.

「メール作成時に IME をオンにする」をチェックすると右の「題名入力でもオンにする」が生きてきますが,今どきと思うかもしれませんが送信相手によっては日本語の Subject が読めない環境でメールを扱っている人がいることもお忘れなく.題名(Subject)は英語かローマ字で入力することを心がけましょう.

それ以外の項目はご自由に.署名・テンプレートを使い分けるとけっこう便利です(詳しくは「ヘルプ」を).

 

  1. 「その他」タブ

 

 

セキュリティのために「起動時にパスワードを要求する」には必ずチェックを.

下の4項目はご随意に.

 

  1. 「振り分け」タブ,「外部ソフト」タブの項目に関してはご随意に.

いろいろ使っているうちにわかってくると思います.詳しい説明は AL-Mail32 を起動して「ヘルプ」メニューで調べられます.

 

以上を設定したら OK をクリックします.

 

4. 「メールの取り込み」

この時点ではパスワードの認証がなされていないため次のようなメッセージ・ボックスが現れます.

 

 

そこで OK ボタンをクリックした後,「メール取り込み」を行います.「メール取り込み」は

 

 

の右上にある  ボタンをクリックします.

 

5. パスワードの認証

サーバとつながれば以下のようなボックスが現れますのでパスワードを入力し OK をクリックします(下図は tmpusr さんの場合).

 

 

6.  「メールの取り込み」完了

「メールの取り込み」が完了すると以下のように「郵便受け」フォルダの一覧が出ます.

 

 

新着メールや未読のメールには  の印がついてきます.

また新着メールがない場合は,

 

 

と表示されますので OK ボタンをクリックします.

 

7. 初期設定の完了

以上で初期設定が終わりました.AL-Mail32 を終了したければウィンドウ右上のクローズ・ボタンをクリックして終了します.

 

 

次回の起動からは自動的にご自分のメールボックスをアクセスするようになるはずです.もしそうでないときには以下の二通りのケースが考えられます.

 

i.        以下のようなエラーボックスが現れる

 

 

      そのままOK をクリックして再度 AL-Mail32 を起動(ii. へ)

 

ii.     いきなり

 

 

が現れる 「ディスクからメールボックスを探す」をクリックし H:\Mailbox フォルダをクリックして OK をクリック.

 

これでご自分のメールボックスをアクセスするようになるはずです.